オーラを使う能力があればこの世はもうだいじょうぶなのです。あなたの「オーラを使う能力」のちょっとレッスン+オーラ相談をお受けしています。お気軽にお問い合わせください。

あなたのオーラスケッチ


あなたのオーラスケッチ

展覧会

marumidori

hiraku_aura

オーラスケッチをご覧になる前にお読みになっておいてください。オーラスケッチはすべて匿名で説明させていただきます。人の身体からは誰でも「エネルギー波動」というものが出ております。

エネルギー波動そのものは肉眼には見えませんが、描く側で「変換感性/波動を絵に変換すること」を用いて「感じ取った波動を絵に変換して」オーラスケッチとしてあらわすことが出来ます。

オーラスケッチをすることで相手の人の能力やら思っていること、どういうタイプなのか、体調はどうなのか、などがリーディング(相手の人の波動を読み取る能力のこと)したのと同じことになるのです。
lover

original

10_3_5_3_5_Face

men

オーラスケッチをするときはいつもこのオリジナル人体図の上に3色ボールペンで描きます。上が女性図、下が男性図です。

このホームページでオーラスケッチをした時は、まずは人形(ひとがた)にオーラの絵を描いてそれをスキャンし、パソコンの中で簡単な画像加工をしてから額縁図形を重ね、それからこのホームページにアップしました。

描いたものと額縁との重ね方ひとつで全体の印象が変わってしまいます。額縁に入れることでオーラ スケッチは「アート作品」となってしまいます。本当は絵の具やマーカーなどで描いた方が作品としてはキレイに仕上がりますが、描いているときは脳がフル回転した状態になってますのでノンキに筆を換えペ ンを換えて色を選んだりしているヒマはありません。

3色ボールペン(1本のペンの中に3色のインクを換えて使えます)でスルスルスルッ!と、素早く描くことで臨場感のあるオーラスケッチとなるのです。( ↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lover

002mafu

ある女流日本画家のオーラスケッチです。トゲトゲとツノツノがあるカブトのようなヨロイのようなオーラです。強そうですね。迫力ありますね。赤のオーラは外に向けて感情や情熱を発しているあらわれです。内側にある青いオーラは自分の内に理性と静けさを保とうとするオーラです。赤と青。感情と理性。激しさと静けさ。そのバランスを見事に保っています。全体的にオーラ総量の多い方です。ご本人は物静かに見える方なのにすごいオーラとなっております。強くて静か。赤と青のまとまり。いいですね。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lover

006hikayu

アンチエイジング細胞再生医療クリニックをされているある女性院長のオーラスケッチです。アンチエイジングというわりにはおだやかなオーラではないですね。黒いオーラは不燃物オーラです。贅沢なことや不必要な飾りという解釈も含みます。お医者さんはエネルギーを多く使うためにご自分のエネルギーをすり減らした結果黒いオーラになっているかもです。患者のためにエネルギーを使いすぎて疲労しているのです。黒いオーラは下半身に多くありますが、これは愛情感覚や性的感覚をあらわします。どこかそういうものを閉じているのか嫌な記憶があるのか。しかし人によっては黒いオーラがその人の「魅力」になることもあります。オーラは単純にキレイに輝いていれば良いというものではありませんので。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

 lover

007ihimi

ランジェリーの販売しているある女性社長のオーラスケッチです。オーラスケッチを描き終えた後から業種を知ったのですが、腰と腹部のまわりの赤いオーラが強い発信力を持っています。同性の女性に向けて「オンナにはランジェリーが大切なのよ!」というメッセージをオーラであらわしているかのようです。アタマのまわりの青い輪はポジティブな智恵と理性をあらわしています。なかなか後頭部にこのような丸いオーラを発している方はいません。いいですね。職業としてランジェリーを作っているというよりご自分がオンナであるということを意識して作っているオーラです。ブレのないお仕事。全身で進めてゆくお姿。素晴らしいと思います。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lover

010maha

とある宗教団体の元女性幹部のオーラをスケッチです。さすが宗教関係の人のオーラは物欲の無いシンプルなオーラとなってます。宗教関係で野心のあるオーラを持っているのは教祖様だけ。この人もいろいろ悩みがあって宗教に入られたのでしょう。アタマや顔のあたりや肩のあたりの黒い塊はこの人の影のあらわれです。こういう影は修行してもなかなか消えないものです。赤いオーラの部分はこの人の女性性をあらわしています。影を持ちながらも女性性のところでは素直なオーラを発しています。教祖様はこの赤いオーラのところに吸い寄せられて同調して特別なつながりとなっていたらしいのはこのオーラスケッチでわかります。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lover

016ooaya

10代から強い起業意識を持っていたというある女性起業家のオーラスケッチです。業種はファッション系です。ズバリ、苦労した人のオーラです。楽に面白く起業したわけではないのはこのオーラでわか ります。育った家庭の中にいろいろあったのだと思います。それが自立起業へと変わっていったのでしょう。綺麗な人なのに恋愛でのしあわせオーラがほとんど出ていないのは恋愛よりも仕事の方に気持ちを向けているからでしょうか。いつか出会う男性がこの方のオーラをもっと女性的に変えてくれるかもしれません。オーラは出会う相手によっていくらでも変化してゆくものです。仕事では成功を、ご本人にはしあわせを、ですね。 (↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lover

017hirama

ある女性ピアニストのオーラです。見た目は静かな雰囲気のようにみえるのにオーラスケッチでは激しい女性性のオーラが強く出ています。この赤いオーラは身体の内側をあらわします。見た目の雰囲気とオーラのスケッチではまるで違うことがあります。赤いオーラが身体の中心を通っているのは地球の内部と背骨でつながって下から上がってくる生命エネルギーをあらわしています。強い生命エネルギーのある人はみんな身体の中心に赤いエネルギーが通っているものです。この人はピアノを弾きながらまるで恋でもしているかのような脳になっているのでしょうね。演奏することは脳内恋愛。その状態になるからこそ地球のエネルギーが下から上がってくるようになるのです。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

 lover

023sasato

あるホテルデザイン会社の女性社長のオーラスケッチです。アタマの中から不思議なオーラが真横に飛んでいるのはホテルデザインという、自分の能力を超えて出す企画力やアイデアを外に出そうとあらわしているのでしょう。赤いオーラは生命エネルギーですからこの色がまるで無い人はどうしても寂しい一生を送ることになります。生命エネルギーが人を引き寄せたり仕事を引き寄せたりしているのです。もう少し下半身エリアにオーラの広がりがあっても良いのですが仕事が大変なため自分の生命エネルギーを仕事のエネルギーに変換してすり減らしているのかもしれません。デザイナーとしてのみの活動でしたらこのままでも充分才能を感じさせてはくれますが、社長となると社員や従業員を束ねてゆかなければなりません。エネルギーはとても必要となります。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)
lover

034usayu

ある女性空手家のオーラスケッチです。素晴らしい空手の動きをそのままあらわしているようなオーラです。地面からの赤いエネルギーがしっかり身体にはい上がって来てます。激しく外に出るエネルギー(赤のオーラ)と静かに内に留まるエネルギー(青のオーラ)が陰陽図のように対極的にバランスをとっています。黒い影もたくさんありますが、この方の私的な記憶や体験のあらわれでしょうか。いろいろあって空手をされているのだと思います。この方の色気は丸くて赤いオーラがあるからでしょう。この丸くて赤いエネルギーが空手以外のところでの充実感を満たしてくれているはずです。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lover

039kagama

ある女流棋士のオーラスケッチです。赤いオーラが身体の内側を流れています。女性性が内に秘めているといえます。赤いオーラが外にバリバリ出ている女性は色気を外に向けて異性に向かいますがこの方の場合は外に青いオーラが出ているところが女流棋士らしいですね。気になるのは足のあたりの黒い影です。やはり棋士という勝負師の世界です。足は地球とつながるところですからこのあたりが弱まりますと赤いエネルギーまでが弱くなってまいります。このエネルギーの流れを見るといかに将棋の世界はエネルギーが必要なのかというのがわかります。(↑画像をクリ ックしてフルサイズでごらんください)

 

 lover

044mihohki

今はもう活動はしていないある宗教団体の教祖のオーラスケッチです。いろいろと問題を起こしたらしいという噂です。この人のオーラはなんだか不思議な形をしています。教祖という人助けをする仕事のせいでご本人のオーラがそうとう痛んでいるように見えます。頭の上には黒い渦巻きが影のように出てますが、この人の脳内キャパを超えた活動をしてオーバーヒートしてるように見えます。この黒いオーラは煙です。不燃物です。魅力ありそうな人なのでもっと丸いオーラが出ていてもいいのにぜんぜんありませんね。下半身がとても寒そうなオーラです。人々のために教祖業をしてこられたのに信者さんからエネルギーを取られるとこんなになってしまうものなのですね。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lover

047murojo

とある女流棋士のオーラスケッチです。面白いオーラですね。可愛いというか、子供のような無邪気というか。ヒモのようなエネルギーが丸く外に出て風車のよう。いったいなんでしょうね。くるくるとカラダのまわりを回る遊園地にある観覧車のよう。おなかのヨコに赤いオーラがありますが、これがもっと真ん中にあったら棋士にはなっていなかったかもしれません。真ん中からはずれて端にあるところに面白さと未知の能力を生む自由性のあるエネルギーとなります。おそらく型にはまらないで「アレレ?」というスタイルの技を使って相手に勝ってゆくのでしょう。いいですね。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

 lover

056obostap

こちらはある有名な理系女子をオーラスケッチしてみました。アタマから出ている青いオーラと下半身の黒い影のオーラが気になります。黒のまわりには赤いダラダラが出てますね。この赤いオーラは女性性のところがだらしないことがあったのかもしれません。ホントの理系女子だったらもっと青いオーラが丸く広がっているハズなのですが。とても人々のために実験をしているとは言えなかった人のオーラです。それでも「ある種の魅力」のためにはこのオーラは有効だと思います。闇や影や傷のオーラは、見る人から見れば「魅力」にも見えるからです。それでもここまで真っ黒のオーラが身体の真ん中にあると、これから先はどうなってしまうのでしょう。ちょっと気になります。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lover

057onori

あるボサノバ女性歌手のオーラスケッチをしてみました。丸いオーラがいくつもあっていいですね。この人の唄や歌っているお姿に丸いオーラにあらわされていてとてもよろしいと思います。これが真っ赤なオーラの輪ばかりだったらギラギラしていることになりますが丸い輪は青と黒ですね。ボサノバで癒されてくださいとクールに語りかけてくるようなオーラです。下半身の方には黒いオーラの傷が出ておりますが、私生活で出来た黒のオーラでしょう。人にはいろいろあります。ワケありオーライ。人はみんな何かを背負っている。丸い濃いオーラと外に向かう赤い輪のオーラ。この不思議なバランスがボサノバの世界なのですね。日本人ですがブラジル住まい。なんとなく観音様のようなお姿にも見えます。お手をお合わせになってこの人のボサノバを聞くことにしましょう。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

 lover

062fujibitc

ある「美しすぎる市議」と呼ばれる人のオーラスケッチです。ホントにこれで市議なのかしらね?という赤が多すぎのオーラです。市民や国民のためというよりも自分の女性性エネルギーの光を周囲に照らすことで自分の存在感を出しているオーラです。まがまがしいといいますか。確かに美しすぎるお姿をしている市議と言えるかもしれません。どうかこの色気のオーラで公私とも問題が起きたりしませんように。どうしても「美しすぎる」場合は「赤過ぎるオーラ」になってしまいます。寒い場所にお住まいですので「赤過ぎるオーラ」がまわりを暖める効果になっているのかもですね。ぽかぽか。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

 lover

069fujiku

経済評論家、起業フォーラム、投資関連を主に活動されているある女性実業家の方をオーラスケッチしてみました。不思議な形のオーラです。アタマから傘をかぶっているようなオーラです。足元からはエネルギーがはい上がって身体の中心を通っています。下から上がって頭頂に通じ、そこから今度は上から降りて来ている流れです。なかなか見ることのないスーパー女性のオーラです。外見からですとこんなに強い天地の流れを感じさせるほど強そうには見えないのですが。このようなオーラはどうやって出来たのでしょうね。やはり家庭での育てられ方と周囲との人間環境教育で出来上がったのでしょうか。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

 lover

072shirana

あるジュエリーの会社をされている女性社長のオーラスケッチです。おもに結婚指輪を中心に販売しているお店をやっておられます。結婚指輪を作るということは「しあわせエネルギーを入れる」お仕事でもあります。この丸い輪のオーラはまさしくそのエネルギーをあらわしています。この人もご自分のしあわせコンセプトをそのままお客さんにお伝えすることを中心に考えているオーラをしています。赤いオーラがやんわりと外へと出ています。単純にモノ作りというよりも愛情+技術を売るお仕事と自覚されているオーラです。やっぱり丸さのあるオーラはいいですね。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lover

077muroyu

ある女流棋士のオーラスケッチです。将棋は戦いです。自分の手と相手の手の先の先まで読んで駒を進めてゆきます。アタマのまわりの丸い輪は自分の内から離脱してエネルギーが外に向かう様子です。身体の中心を通る赤いオーラは仙骨と頭頂を通り抜けていて、とても強いエネルギーをあらわしています。身体の中心を通るエネルギーが弱いと長丁場の将棋の途中でバテてしまいます。下半身の黒い影のオーラが気になります。やはり相当にエネルギーをすり減らすお仕事なのでしょうね。下半身は地球エネルギーとのつながりを意味します。地球からエネルギーを吸い上げるチカラが「生み出すチカラ」になりますので女性にはとても必要なエネルギーなのです。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

 lover

078komami

ある女流版画家・現代アーティストのオーラスケッチです。背後の青いエネルギーが強そうですね。激しい色彩の作品を作られています。強い系の仏像のようなオーラです。青のオーラは静けさや理性や社会性をあらわすオーラですがここまで強くなるとその範囲を超えてしまいます。雲に乗っているかのような赤いオーラの上に立っていますね。身体から下に向けて出ている丸い赤のオーラ。すごいすごいです。やはり世界に通じる作品を作られているアーティストのオーラはすごいです。天(頭のあたり)・地(足元)・人(腰腹中心部)の3つのパートの内、この人は「天」 のエネルギーがエネルギーテーマとなっています。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

 lover

080takeri

ある女性空手家のオーラスケッチです。美人空手家とも言われています。武術をされる方はいわゆる下丹田という下腹にあるエネルギーセンターに「気」を集めてパワーにするという先入観がありますが、この方は違いますね。下丹田ではなく上丹田に「気」が集まっています。想念+精神エネルギーで空手をされるのでしょう。赤いオーラが凄すぎます。横隔膜より下の方には黒い影のオーラがただよっています。きっとこの黒のオーラもパワーとして使っているのでしょう。まるで魔術か妖術としての空手なのでしょう。男性ならばこのあたりの筋肉はガチガチに強く鍛えて物質的な破壊力オーラを出しているのですが、この女性の場合は相手のチカラを溶かしてしまうようなチカラを漂わせているかもです。ただの美人空手家ではなさそうですね。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

 lover

085suzuso

有名な美容家・ダイエット研究家・料理家のオーラスケッチです。もう亡くなられています。外側には赤い光のエネルギーがオーラとしてあらわれています。身体の内部には黒い影がたくさん漂っています。黒いオーラは不燃物オーラでもあり贅沢オーラでもあります。オーラスケッチをいたしますと表からでは分からないいろいろなエネルギー情報が出てまいります。この方にとってはまわりを包む赤いオーラが救いになっていると思います。しかしその内側には辛いことをたくさん抱えているのが見えます。黒いかたまりは胸や喉のあたりですから、愛情面や家族とのつながりの途切れや不和をあらわします。このオーラスケッチを見るだけで大変な思いでダイエットや美容の仕事をされていたとうかがえます。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovers

akik

演劇をやっているある女性をオーラスケッチしました。プロではありませんが相当の情熱です。上腹部の中にある赤いオーラがその情熱をあらわしています。足元にある黒いもやもやオーラが気になります。これは劇団の中の人間関係の不自由さと束縛への嫌悪をあらわしているとみえます。アタマの青いオーラは文科系のオーラと判断出来ます。脚本を書くヘルプもしているようです。右下にある黒いオーラはまるでイカリのよう。これで浮いてどこかへ行かないようにしているのかも。歴史のあるアングラ系の劇団の団員です。あの劇団に居るには強くたくましくないと続けられないということをこのオーラで語っています。もしこの黒いイカリのオーラがなかったらしがみついてでもあの劇団には属していなかったでしょう。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

lovers

blackakuma

このオーラスケッチのモデルは男性です。すごいオーラスケッチ画です。あまりにもすごいのでホームページにアップするスケッチ画を選ぶ中にこの絵を選んで加えました。このスケッチ画はある女性相談者の方と話しながら描いたものです。ある男性のことを話し出してきたので「その人の姿を思い浮かべて」もらって描いたものです。その人から見た相手の男性はそうとうな存在感と威圧感なのでしょうね。この人のそばにいるといつも緊張してしまいます。この人に嫌われたくない。アタマの中は常にそう思っているようです。この真っ黒はまるで神か悪魔かのように見えます。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovers

egutiyu

あるタンゴ女性ダンサーをオーラスケッチしてみました。地面からのエネルギーをうまく使える人であるということをこのオーラはあらわしています。ラテン系のダンスは地面の中にあるエネルギーを吸い上げながら踊ると聞いています。みごとなオーラの持ち主です。下半身は赤く熱く上半身は青く涼しい上虚下実の姿です。両脚の間の黒い影のようなオーラはなんでしょうね。個人的な私生活の中の問題がこのように黒いオーラになっているのだと思います。プロダンサーとなって会を運営してゆくのは大変です。私的生活を犠牲に仕事の方を成功させてゆくために私生活的ないろいろが起きてもしかたがありません。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovers

haha

ある女性生徒とお話ししながら描いたオーラスケッチです。おなかのところに丸い赤いオーラが温かそうです。ぽかぽかと。そこから大きく丸く広がって地面とつながった形がいいですね。このオーラスケッチは「お母さんのお姿を思い浮かべて」いただいて描かせてもらったものです。自然に母性的なオーラスケッチとなっています。飾りのないシンプルなやさしい空気のようなオーラスケッチですね。ぽかぽかと。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovers

hitom

ちょっと変わった系の音楽をされているある女性ミュージシャンのオーラスケッチです。メジャーな世界ではなく変わった超マイナー系な音楽をやっていました(今はややメジャー世界にもつながっているようですが音楽ジャンルはしっかりマイナーです)。暗くて重たいオーラに見えませんか?この黒い丸いオーラはどこかに心の旅をしっぱなしの状態をあらわしています。この世に自分の身を置いているというオーラではありません。あの世のオーラ。この人の音楽を聴く側の方にもこのようなオーラがノリうつってくるようになるかもしれません。脳を乗っ取られてしまいそうですが、それがこのミュージシャンの狙いかもですね。音楽をやっている人というより、どこか小説家のオーラのようでもあります。(↑画像をクリックしてフルサイ


lovers

junjuいつも異性とのことで悩んだり困ったりしていたある女性相談者のオーラスケッチです。コマッタちゃん男性とばかり出会って付き合ってしまうという相談者です。赤いオーラと青いオーラとが激しく拮抗しているように見えます。その人の中に棲んでいる虎と龍のようです。美しくもキツイ系の女性です。このオーラ図を見ればわかりますよね。静けさと激しさ。素っ気ない振りをしながら心の内では相手を強く束縛する。両極性のある女性です。淡々としながら激しい端々。やさしいのか冷たいのかわからない。付き合う男性はとまどいます。赤と青のふたつのエネルギーの両極がハッキリしているオーラタイプです。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovers

kanasii

このオーラスケッチはサンプル画として描いたものです。テーマは「悲しい」です。「悲しい」という言葉をぼくの主観でオーラスケッチ化したものです。実在する人のオーラではありません。ホントにこんな人が目の前にいたら悲しいです(世の中にはたくさんいますけれど)。黒い塊のオーラが身体からぶら下がっています。重そうです。黒くて悲しい人には赤くて温かいオーラをお送りするのがよいですね。黒い人と赤い人が出会えば足して半分コ。それでよろしいかと思いますよ。赤いオーラの人は太陽のような暖かい魅力ですが、黒いオーラの人はあやしい魅力の持ち主かもですから。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください。

 

lovers

kannon-ruri

不倫の相談でいらしたある女性のオーラスケッチです。付き合っている相手は家庭持ちの男性ですが、なかなか別れてくれない。離れて欲しいのにどうして?というご相談でした。この赤いオーラを見てください。 形としてはまるで観音様のようではありませんか?そばにいると男性は癒されてしまうのです。見方によっては「まがまがしいオーラ」ですが、悟りの世界にでも連れて行ってくれそうな快感波動を発しています。 赤のエネルギーが強いと性的に素晴らしいものを持っているので相手の男性が離れないのです。この女性は天性の性的な赤のオーラをお持ちなのでしょう。それはともかく、オーラの形が 良いですよね。これでオーラの形が悪いと共に地獄の底まで落ちてしまいますが、この人の場合はそれはありません。オトコとオンナは出会ってひとつになることで「救いと癒し」 を求めます。しかしここまで救いと癒しのオーラをお持ちですとお付き合いされている相手の男性の奥さんよりもこちらを選んでしまうでしょうね。自分の妻よりも愛人の方が「観音様」であるというわけですから。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovers

keik

オーラヒーリングにいらしたある女性のオーラスケッチです。全体的に風のようにオーラが流れています。音楽が好きでエレキベースを習っています。流れているオーラとは身体からエネルギーが離れてどこかへ行ってしまっていることです。肉体とエネルギー体は一対ですのであまり離れすぎているのはよろしくありません。集中力が無く散漫なオーラです。なので、彼氏と同棲をしているのにツイ他の男性とも関係を持ってしまうクセがあります。そういうことに関してご本人は悩んではいませんでしたのでエネルギーをお送りするヒーリングだけをいたしました。お送りしたエネルギーは散漫の逆の、離れていったエネルギーが身体に帰って来るような波動です。お帰りなさいっ♪わたしのエネルギー。心と体とオーラはひとつになりますように。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください

lovers

kumiku

日々の精神状態が良くないということでオーラ相談にいらした女性のオーラスケッチです。黒い影のオーラがたくさん出ております。一度は結婚したもののすぐに離婚。自分で開いた医院もすぐに閉じて実家に帰って家業を手伝う毎日ですと話していました。このような方には黒い影のオーラを中和するオーラをお送りすることで少しずつ温かいオーラに変わってゆきます。塩を入れすぎた料理にはお酢や根野菜を足して味を調えるのと共通いたします。赤いオーラを元々お持ちなので温かいオーラを受け取る感性はお持ちです。それに全体の形が良いですね。オーラ全体の形が良いというのはナニヨリだと思います。黒いオーラも使いようです。創作活動をされる人は黒いオーラをお持ちの人が多いのですから。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovers

mari

ある踊りの稽古場で知り合ったある女性をオーラスケッチしました。恋愛で悩んでいると言うので話しを聞いて差し上げました。下半身が赤のオーラで上半身が青いオーラというまるで陰陽図のようにはっきりと赤と青が向かい合っています。赤の方が多いので理性が崩れているところもあります。相手の男性に怒りを持っていました。このオーラスケッチで判断すると、ここまで女性的な魅力が強く出ているからこそ、いまの恋愛の苦しみがあるのだなと感じました。強い魅力で相手を惹きつけながらも自分からも激しく向かう。当然そこには苦しみと怒りが生まれます。お話しからは、騙されたとか捨てられたというような悩みではありませんでした。正式に「相手がどう思っているのか?」を知るには相手の男性をオーラスケッチすればわかります。そしてふたりのオーラスケッチを並べて見れば現状と今後のことがわかってまいります。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovers

marik

かなりかなり以前にぼくのところに来ていた弟子(自称弟子ですが)の女性のオーラスケッチです。いろいろなモノが見えてしまうということで毎日が疲労の連続と言ってました。死にゆく人の波動が見える・幽体離脱をやって疲れた・他人のダークな波動を感じすぎる・師匠(ぼくのこと)のオーラが鋭くて怖い!などなど。どちらかというとマイナスの方面のことばかり見えたり感じたりしてしまう体質を持っているらしいのです。このオーラスケッチを見ると確かに暗さはありますね。暗くて寂しい。寂しくて冷たくて寒い。しかし本人が言うほど悪い波動ではありません。暗くて寂しくて冷たくて寒いですが、オーラの形はまとまっています。スピリチュアルに関心を持つのはやめて、この先、家庭の中が安定して夫婦仲を良くする生活を実現できるようにしてゆけば、平凡ですが幸せになれる人なのだとは思うのですが。いかがでしょうね。うーん。平凡で普通はイヤでしょうかしらね。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovers

mihok

オーラ相談にいらした女性のオーラスケッチです。パッと見は決して明るいタイプの女性ではありません。素っ気ない美人タイプです。本人が言うほどの深刻さはこのオーラスケッチには出ていません。ぼくからのヒーリングオーラにも敏感に反応していましたのでオーラが閉じているわけではありません。きっと本来はとても自由な人なのです。オーラの形がいいですね。このオーラスケッチで分かりますよね?恋愛にも行き詰まっているようです。今まで男性から嫌なことをされた経験がたくさんあったのです。それが腰のあたりの黒いオーラのかたまりです。美人なのに暗くて閉じてはいますが、それが魅力になってしまうので近付いてくる男性は多いとは言ってましたが。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovers

miyu

自律神経がおかしくなったという女性相談者のオーラスケッチです。この時は出張を要請されてご自宅にお伺いするヒーリングでした。母親からいつも攻撃されている。父親が自分の部屋を覗いてくる。兄とは気が合わない。そのような家庭内状況の中で毎日を送っている方でした。黒いオーラだからすべてが悪いわけではありません。この方の黒いオーラは形が良いです。話していてもアタマの良さは充分伝わってきました。表面的には決して暗いタイプの方ではありません。足元の黒と青のモヤモヤはこの方の住居に棲みついているオーラの影です。ただ、ご自分の居場所に対しての居心地の悪さから何とかここから抜け出したいという緊張感はすさまじいものです。この方のオーラは、自分の内に安心してこもりたいという形です。誰からも干渉されずに安心した孤独な世界が欲しいという方です。暗くて黒いオーラの方は自分の世界を大切にする方が多いと言えます。モノカキの作家さんたちにも真っ黒オーラが多いのではないかと思います。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovings

m-kao

オーラ相談にいらした女性をオーラスケッチしました。黒い影の部分が気になりますが、ごらんになっていただくと全体に形の良いオーラスケッチですよね?ご本人の性格の暗さっぽいのはありますが、それが悪い方にはなっていません。精神面よりも現実面の生活が安定すればすぐに良くなります。また、ご実家にお住まいでしたのでご両親との相性にも問題があったのでしょう。赤の丸いオーラはこの人の女性性を強くあらわしています。ここまで形の良い赤と青をお持ちなので、もっと家の外に向かう活動が出来るとこの黒いオーラの長所が出てゆけるようになります。今は実家に居るのでこの黒のオーラが短所となってしまっているだけだといえます。この方は文章を書いてゆくことが出来たらと言ってました。作家希望の方です。作家さんには黒いオーラが必要ですよ。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovings

otya-aik

ある流派のお茶の名取りの女性相談者のオーラスケッチです。オーラの世界に大変興味をお持ちです。赤の丸いオーラが華やかです。ご家庭を持っているのにあまりにも赤が多いのは外に向かいたいという不満のあらわれ。この黒の影のオーラがそれをあらわしています。お茶の世界はお好きだとは思いますが家庭の中に居るだけでは落ち着かないのでしょう。それで第3の世界としてオーラの世界に関心を持ったのだと思います。合わない結婚するとオーラは劇的に変わってしまいます。離婚して自由になれると再びオーラはその人らしいものに変わります。この方のオーラの形は大変素晴らしいのでなにも無理して生活のために結婚生活を送る必要は無いように思えます。強い赤を持ってますから家庭に閉じこめられるとエネルギーの行き場が無くなる要素がいっぱいです。ホントは自由に動きたいのにすでに結婚して束縛の中で生活をしている。なかなか答えの出せないオーラをお持ちの人でした。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovings

ris

上にも下にも黒い影のようなオーラがただよっています。この方もオーラの相談にいらした女性です。その方をオーラスケッチしてみました。手から出ている赤いオーラはかなり強いです。手から何かを作る・描く・書く・手で触りながら考える・職人・料理・楽器、などに向く人です。黒のオーラの多い方は贅沢、無駄遣い、働かない、自分独自の楽しみに入りすぎるという意味にもなります。この人は生活費は親から貰ってひとり住まいのアパートで引きこもり生活を送っています。丸い黒のオーラは地面とつながっているのがそれをあらわしています。赤い手のオーラを自覚できれば内なる才能に目覚めてきます。この人の場合は赤い手のオーラに期待できます。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovings

rysensei

身体から出ているオーラは「何かを思い浮かべること」で変化いたします。特に女性の場合は好きな人のことを「思う」だけでガラリとオーラが変わる場合があります。「思う」ことで思った相手の人の波動を自分のオーラの中にリアルに呼び込んでしまうからでしょう。このオーラスケッチも自宅に来た女性生徒に「相手の人を思う」ことをやってもらった時のオーラスケッチです。いきなり真っ赤なオーラが身体の中心軸に駆けめぐりました。かなり強い思いなのでしょう。最大ハッピーの状態をあらわし、身体的にも最高の免疫が強まった状態をあらわしています。ちなみにこの方にお仕事のことを思い浮かべていただくと、とたんに青く強く能動的にきびしく活動するオーラに変化しました。仕事の時はまるで戦いのようなのでしょう。「思う」ことでここまでガラリと変わるとは。それはそれは描いているぼくも驚いてしまうのであります。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

lovings

shio

今の自分を変えたくてオーラを学びに来られた女性生徒のオーラスケッチです。会社勤務というのが嫌なようです。結婚して家庭の中にいるのも嫌なのかもしれません。束縛無しに自由に生きてゆきたい。そのためにオーラを変えたらそうなれると思ってオーラを学びにまいりました。黒くて重たいオーラではありながらも頭頂に青いオーラが突き抜けています。赤のオーラは強い生命エネルギーとみてよろしいと思います。静かな人ですがエネルギーは持っています。最終的にはオーラを学んだおかげで新しく独立できる職業を腕に身につけたようです。まずはこの人のオーラスケッチの形が良いですね。良い形のオーラの方は楽しい生き方が出来ると思います。同じような青黒の分量の人でも、全体の形が悪いといつも迷って辛い生き方になってしまうかもしれません。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovings

sizukana

このオーラスケッチはサンプルスケッチオーラです。エネルギーには静と動があるのですがこのサンプルスケッチは「静のエネルギー」です。いつも激しい人にはこのようなオーラデータを転写して差し上げます。チカラを抜いて周囲に気分を広げずに空気ごとまわりの空間を自分に向けて「求心力」にします。まわりのチカラは自分の足元に落ちて「統一された静けさ」が始まります。静かだからといってダラリとしたルーズな状態ではありません。禅のような、コマが回転しているような。そんな静けさを「静のエネルギー」といいます。スーーーっとヒトを引き寄せるような。この絵は青だけで描いてみました。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

lovings

sumi

ぼくの知り合いの女の子がよく話題として話してくれたお友達(女性)のことを間接的にオーラスケッチしてみました。過去にたくさんあった嫌なことがあって異性トラウマになっているらしいのです。どんな嫌な過去なのかはここでは書けませんが、男性を惹きつける赤いオーラが身体の中心を通っています。普通の日常生活にはこんなに必要の無いエネルギーです。必要以上に男性を引き寄せてしまって、そのせいで事件やらになってしまったのではないかと思えます。青黒のかたまりのオーラは嫌なことがあった心の傷と解釈できます。話しの中では自分は被害者のように語ってはおりますが、このオーラスケッチを見る限り、自分に引き寄せては男性たちを能動的にさせてしまった結果トラブルになってしまうようなものを感じます。「いわゆる弱き被害者」でしたらもっと弱々しくて引け目のようなものがあるのですが、この強いオーラはそうではないと思います。この方は弱き女性としての存在ではありません。ご自分の体験や経験をバネにして何か行動を始める未来となるでしょう。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

lovings

tika

ちゃんと家庭をお持ちのある女性生徒のオーラスケッチです。何の問題も無いオーラの人です。夫婦で音楽が好きでバンドをやって。ささいな夫婦問題はありながらも、日常の範囲のしあわせはちゃんと感じている人です。このオーラスケッチもそんな感じです。アート系のオーラもたくさん出ています。でもホントはもっと華やかなアート生活と恋愛に憧れていたのでしょうか。お子さんはいらっしゃらないように聞いています。家庭など持たずにもっと自由に生きてゆきたかったのでしょうね。オーラはそのように語ってます。あるいは自分がもっと女性としての生き方をしたいのに家庭の中ではそれが達成できないというメッセージもこのオーラスケッチから伝わってきます。家庭生活はガマンが必要ですよ。なんてことはこの人には言いたくない言葉です。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

lovings

yawaraka

これは「やわらかー」というテーマでオーラスケッチをしてみました。サンプルデータとしてのオーラ画です。ほんわーかして柔らかーいオーラです。丸くて広がっていて適度に明るく適度に元気。明る過ぎない。元気過ぎないのがいいですね。赤いオーラの生命エネルギーもそんなに強くなく暗くなく。こちらに押し寄せてこない程度の柔らかオーラです。こういうオーラの人は探せばどこかにいそうです。やたらに元気を演技しないナチュラルな柔らかさ。作り笑いしない緊張の無い自然な表情。これが青のオーラでしたらちょっと冷たい感じがしますが赤いオーラがほのかにただよっているところがよろしいかと思います。あなたのまわりでもきっとこういうオーラの人っていませんか?(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovings

yoi_aura

身体のまわりの赤の生命エネルギーは家庭的なオーラ波動です。そんなに濃すぎず大きすぎず小さくもなく、ちゃんと地面にまで接しているやさしい母性をあらわしています。自宅に来た女性生徒に「自分でイイナと思うオーラを思い浮かべてみてごらん」と言ったら、その人の脳の中からこのような波動が情景として伝わって来ました。それをオーラスケッチにして描いてみました。オーラスケッチはこのように脳の中で創作ができます。このようなオーラをいつも想像して思い浮かべていれば、そのうちこのようなオーラに上書き(リライトメント)されていってしまいます。素晴らしいサンプルオーラデータです。一般男性から見たらイイナイイナのオーラスケッチであります。なんとなく家庭料理がお上手そうに見えるオーラスケッチでした。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovings

yuca

アートが大好き。絵を描き(プロとしてではなく)、音楽をやっている彼氏さんがいて、実家からは離れてひとりで自由に生きているという女性のオーラスケッチです。身体のまわりに流れる青と黒のオーラは、感性が外とつながっているあらわれです。全体の形は良いですが黒がちょっと多く見えます。赤いオーラは内に強くあるので女性としての魅力は充分あります。しかしアートとしては趣味止まりで前に進みません。前に進まないというのはアートが職業にはなりにくいということです。どうやってこれから生きてゆこう。そのように言ってました。黒が多いと内に向かいます。彼氏さんとのことも「なかなか進展しなくて」と言ってました。まわりに流れるオーラが黒ではなく赤であるとここまで内にこもらないですむかもしれません。その部分をもう少し赤の多いオーラに変えてゆくように自分のオーラを修正したり育ててゆくともっと行動的になれるかもです。オーラは書き換えることができますから。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovings

yuk

精神的に迷うたびに電話リーディング相談や自宅のオーラ相談に来ていた、ある女性相談者のオーラスケッチです。離婚して子供が居るのですが自分で育てられなくて子供たちは実家に居るらしいです。なんとか生活力をつけて子供と住めるところを探したいなと言ってました。赤いオーラはそういう現実を生きるエネルギーを持っています。アタマのあたりにある青いオーラはスピリチュアルな世界への強い興味が有りすぎると見てよろしいと思います(この場合のスピリチュアルとは非社会的・非現実的に生きてゆきたいという意味です)。スピリチュアルに強く関心を持ちすぎるとかえって悩みや迷いが増えてしまうものです。黒い影のオーラもたくさんありますが全体の形や色の配分も整っていますので総合すると強さも充分あって良いオーラだと思います。多少暗く重たい感じであっても全体がまとまっているオーラの人は決して悪い方にはゆかないものです。オーラの形は未来をもあらわしています。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

lovings

yukim

整体やヒーリングなどを仕事にしているある女性生徒のオーラスケッチです。わずかな赤いオーラがこの方の女性性をあらわしています。黒い球体の影のオーラが気になりますが、全体の形は面白いですね。川の流れのような線状のオーラがたくさんあります。エネルギー的には弱く乏しく、仕事で出会う患者さんから悪いものを受けてしまうのでしょうか。疲れやストレスがたくさんオーラにあらわれています。ご家族や家系に癌で亡くなった方が多いと聞いてますが、それとこの黒い丸いオーラと関係しているかもしれません。それでも全体の形が良いので悪いオーラスケッチではありません。ヤマイダレの中に品が山のようにあると書いて「癌」と読みますが、このように川の流れのようなオーラがあれば品が流れて癌も流れてしまうでしょう。見ていてヒヤヒヤしますが、ナントカだいじょうぶそうなオーラスケッチです。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 

lovings

yuruuii

「ゆる~いオーラ」というテーマでのサンプルオーラスケッチです。実在する人のオーラではありません。ヨコのラインは自由に流れる外界とのつながりオーラ。丸いのは地面とつながるエネルギー。身体の真ん中あたりを包んでいる丸いエネルギーは仙骨を中心に広がる生命オーラです。どんなに形の良いオーラスタイルでも身体の真ん中に赤いオーラや丸いオーラが無いと地球とはつながりませんし、外にも自分のオーラが広がりません。人は食べ物と睡眠だけでなく地球とつながって生きています。地球とつながるコンセントが身体にはあります。それは仙骨周辺のエリアです。ムラダーラチャクラと呼ぶエネルギーセンターです。この絵にはちゃんと丸いオーラがありますね。緊張の無いゆる~い感じがおだやかでいいですね。赤いオーラがバリバリと有りすぎると行き場の無いエネルギーが身体の内を駆けめぐって大変なことになりますから。皮膚呼吸を感じさせてくれるオーラがいいですね。(↑画像をクリックしてフルサイズでごらんください)

 marupink

readingaura

いらっしゃいませ。
リーディングのオーラスケッチ展はこちらです。「リーディングってなんですか?」がわかるように図やイラストをたくさん使って説明しております。上のアイコンをクリックしてお入りくださいませ。

futarisketch01

いらっしゃいませ。
ふたりのオーラスケッチ展はこちらです。上のアイコンをクリックしてお入りくださいませ

marukiiro

aurasketch002

オーラスケッチ展覧会をごらんくださりありがとうございました。
上のアイコンをクリックいたしますと
「あなたのオーラスケッチの解説」のページに移動いたします。
メールでのご質問やお問い合わせができますのでどうぞ。

Copyright © 考えるオーラ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.