みなさんこんにちわ。本日のオーラスケッチは、料理研究家/横山タカ子さんです。

ある日、ふと、テレビジョンをつけましたら、画面からやさしいオーラが出ていたのを感じました。まだ登場人物は見えていないのにオーラ波動だけがやさしく出ていたのです。

番組はEテレ/きょうの料理でした。まずは手だけが見えて、お皿に調理したものを盛りつけているシーンでした。料理をする人はやさしいオーラを出している(出ているべき)なのでしょうね。とくに女性が料理を作るということは、その人が産み出すことをしているということなのです。
takako yokoyama

どうでしょうか?やはり丸いオーラっていいですよね。テレビジョン画面からでもやさしく包んでくる波動は、丸いオーラなのです。

えーと、ちなみに、横山タカ子さんは、決して見た目がとっても素敵で若くてキレイではありません(失礼しました)。いや、ぼくがオーラスケッチをするからには、きっと好みのタイプだからだろうと、思われては困るからでございます。

ぼくにはもう、肉眼だけの見た目だけで判断する感覚は減ってきてまして、やはりオーラ波動で相手を感じ取るカラダの仕組みになって来ているのです。ですから、なにげにテレビジョンをつけたとき、先にオーラ波動を感じたということなのですよ。

丸いオーラには救われます。いいものです。

横山タカ子さんの料理を食べてみたいとは思いますが、信州の方の料理ばかりで、みそ味や山菜とか、粉モノ料理はあまり好きではありませんので、テレビジョン画面から伝わって来る波動だけで、もう満足でございます。

ごちそうさまでした(^_^)

合掌。