みなさんこんにちわ。
この方の病気は乳ガンでした(もう亡くなっています。享年41歳)。病気の方をオーラスケッチすると特有の暗さと重さが絵となってあらわれてまいります。内に隠して外に見せなかったいろいろな黒い影のオーラがあぶり出てまいります。

とても社交的で健康好き。表面的には明るい人でした。以前は結婚していました。しかしどうしてもオトコとオンナの掛け合いが出来ないタイプの人で、やがては離婚してひとり暮らしでしたが、この病気になって実家に戻ります。

yo-tomo

 

しかし実家であっても自分の気持ちの居場所が無かったと思います。行き場の無い、開かないオーラが身体の内でジッとこらえているかのようなところが青と黒の影のオーラです。赤いところがわずかにあるのはこの方にある色気を求めるオーラの部分です。色気とは「生きてるわよ!」というあらわれと理解してください。

病気になっても病院には絶対に行かないと言いながらぼくのオーラヒーリングだけを受けながら大往生を遂げました。

なーんとなく、はやくわたしを描いてみんなに知らせてーー、とずっと言われているような気がしてましたが、やっと本日アップできました。